« VCL TDrawGrid, TStringGridにComboBoxを使う | トップページ | C++Builder 2010 カスタムコンポーネントでオブジェクトインスペクタの論理値のプロパティをチェックボックスにしたい »

2011-10-06

Firebirdでテーブル一覧を得る

テーブル一覧を得る

SELECT RDB$RELATION_NAME AS TABLE_NAME
FROM RDB$RELATIONS
WHERE RDB$VIEW_SOURCE IS NULL AND RDB$SYSTEM_FLAG = 0
ORDER BY RDB$RELATION_NAME ASC

以上で、テーブルのみの一覧が取得できる。

ビュー一覧を得る

SELECT RDB$RELATION_NAME AS TABLE_NAME
FROM RDB$RELATIONS
WHERE RDB$VIEW_SOURCE IS NOT NULL AND RDB$SYSTEM_FLAG = 0
ORDER BY RDB$RELATION_NAME ASC

とするとビューのみの一覧が得られる

テーブルとビューの一覧を一度に得る

SELECT RDB$RELATION_NAME AS TABLE_NAME
FROM RDB$RELATIONS
WHERE RDB$SYSTEM_FLAG = 0
ORDER BY RDB$RELATION_NAME ASC

とすれば、テーブルとビューの両方が取得できます。

シーケンス、ジェネレーターの一覧も得る

SELECT RDB$GENERATOR_NAME AS GENERATOR_NAME
FROM RDB$GENERATORS
WHERE RDB$SYSTEM_FLAG = 0
ORDER BY RDB$GENERATOR_NAME ASC

isqlで'SHOW SYSTEM TABLE'を実行するとシステム系テーブル名の一覧が得られます。
'SHOW TABLE RDB$TRIGGERS'のように目的のテーブルのフィールド一覧を見てみると、 他の情報も得ることができます。



|

« VCL TDrawGrid, TStringGridにComboBoxを使う | トップページ | C++Builder 2010 カスタムコンポーネントでオブジェクトインスペクタの論理値のプロパティをチェックボックスにしたい »

データベース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26178/52923580

この記事へのトラックバック一覧です: Firebirdでテーブル一覧を得る:

« VCL TDrawGrid, TStringGridにComboBoxを使う | トップページ | C++Builder 2010 カスタムコンポーネントでオブジェクトインスペクタの論理値のプロパティをチェックボックスにしたい »