« 以前のバージョンのWindowsをコンピュータから削除して保存領域を広げる | トップページ | Amazonの届け先住所にコンビニやヤマト運輸の住所を手入力で登録するとどうなるか »

2017-04-22

Debian setxkbmapコマンドでキーボードの日本語配列と英語配列を切り替える

キーボード配列の変更

setxkbmap -layout [us|jp]

わたしは自宅でDebian Jessieを使っています。

その内の一台は中学2年の息子と5歳の娘も使うので、彼らには普通に日本語配列のキーボードを使わせるようにしているので、/etc/default/keyboardでは、キーボード配列はjpとしています。
ただ、自分では英語配列のキーボードを使いたい時があるので、その時に一時的にキーボード配列を変えたいので、上記のコマンドで配列を切り替えます。

英語に切り替える場合

setxkbmap -layout us

日本語に切り替える場合

setxkbmap -layout jp

キー配列のオプション (キーの入れ替えなど)

CapsLockキーは日本語配列の場合でもCtrlとして使っていて、CapsLockキーは無いので、これに関しては問題ありません。左のCtrlとCapsLockを交換してもいいのですが、どうせCapsLockを使う事はほとんどありませんので、子供たちの使い勝手を考えてもCapsLockを無効にしてあります。

Ctrlを無効にする

setxkbmap -option ctrl:nocaps

CtrlとCapsLockを入れ替える

これをCtrlと交換する場合には以下のように設定します。

setxkbmap -option ctrl:swapcaps

オプションをクリアする

オプションをクリアする場合には、オプションパラメータに何の値も渡しません。

setxkbmap -option

これで、キーキャップに印字された通りの挙動になります。

設定を永続化する

一時的に変更する場合にはコマンドで指定し、デフォルトのキーボード配列を設定する場合には/etc/default/keyboardに記入します。

|

« 以前のバージョンのWindowsをコンピュータから削除して保存領域を広げる | トップページ | Amazonの届け先住所にコンビニやヤマト運輸の住所を手入力で登録するとどうなるか »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26178/65183488

この記事へのトラックバック一覧です: Debian setxkbmapコマンドでキーボードの日本語配列と英語配列を切り替える:

« 以前のバージョンのWindowsをコンピュータから削除して保存領域を広げる | トップページ | Amazonの届け先住所にコンビニやヤマト運輸の住所を手入力で登録するとどうなるか »