トップページ | ウェブカメラ設置 #2 »

2007-07-01

ウェブカメラ設置 #1

トイカメラChe-ez SPY(Z)で、
TeXを書きながら駐車場を監視してた。
そのために、xawtvをインストールした。
aptを使ったので、面倒は無かった。
さて、
せっかく、インストールしたので、
ウェブカメラにしてみよう。
で、自宅サーバに転送すれば、
外からでも家の様子がわかる!
さて、私の環境ですが、
デスクトップとして使っているのもVine4.1で、
物置的な部屋にVine4.1のサーバを置いてある。
外部公開しているのは、
webサーバとメールサーバで、
webサーバは認証が必要。
本来はカメラをサーバに接続すれば、
面倒は無いのだけれど、
サーバの部屋には滅多な事では人がこないので、
カメラの意味がまったく無く、面白くない。
で、一階で使っているデスクトップに
接続することにした。
つまり、
デスクトップを起動していない時には、
画像は更新されない。
さて、設定は簡単っ!
って、動いてしまえば、
簡単だったと感じてしまうのだが、
多少苦労した。
まず、
/etc/.webcamrcというファイルを作成して、
こんな感じに書いておく。
/etc/.webcamrc
[ftp]
host = server_address # FTPのアドレス
user = user_name # FTPのユーザー名
pass = password # FTPのパスワード
passive = 0
dir = /public_html/image/webcam # FTPのディレクトリ
file = webcam.jpg # 画像ファイル名
auto = 0
local = 0 # FTPで転送しなければ1にしてローカルにファイルが置かれる
#ssh = 0
#debug = 1

[grab]
device = /dev/video0
text = "%Y-%m-%d %H:%M:%S"
#infofile = filename
width = 320
height = 240
delay = 15 # 15秒ごとに更新
#input = Camera
rotate = 0
top = 0
left = 0
bottom = -1
right = -1
quality = 90
trigger = 0
once = 0
インストールや設定の詳細は、
別のサイトで調べてください。
まぁ、こんな感じの事を書いて、
保存して、パーミッションを変更する。
# chmod 0600 /etc/.webcamrc
なんか、
こうしないとうまく動かないらしい。
たしかに、
FTPに転送してくれなかった気がする。
ローカルにはできた。
で、rootでwebcamを起動する。
# webcam /etc/.webcamrc
で、
うまく動いていたら、
転送ごとに標準出力に
FTPのメッセージが出力されるので、
下のようにして起動すれば、
バックグラウンドでおとなしくしてくれる。
# webcam /etc/.webcamrc > /dev/null 2> /dev/null &
これで、
FTP経由でサーバに画像を
15秒毎に転送してくれる。
転送された画像を
ダウンロードしたのが、
下の画像。
まぁ、
もともと画質は期待していないので、
こんなもんでしょ。
webcam 2007/05/03 23:45
ブラウザで見るとこんな感じ。
screen shot
今の所、順調に動いているように思う。

|

トップページ | ウェブカメラ設置 #2 »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェブカメラ設置 #1:

トップページ | ウェブカメラ設置 #2 »