« アセンブラはじめました | トップページ | 独習アセンブラ リスト1-1 »

2007-10-22

仮想端末ツール screen

古いノートパソコンにLinuxを入れて使っている。
メモリもHDDも増設していないので、
GUIにせず使っています。

Alt+F2とかで別の端末?としてログインする事もできますが、
このひとつひとつを更に、screenで仮想化して
複数のプロセスを走らせてます。

screenのコマンドはCtrl+Aが使われるので、
emacsで行の先頭に移動したい時にうまく機能しません。
そこで、emacsはtty1でログインして使っておいて、
コンパイラやsshはtty2で使うというような使い方をしています。

screenでよく使うコマンドを簡単にまとめてみます。
  • 端末の追加 Ctrl+A c
  • 次の端末へ切り替え Ctrl+A n
  • 前の端末へ切り替え Ctrl+A p
  • 現在の端末を消去 Ctrl+A K
すべての端末を消去すると、screenは終了し、通常の端末に戻ります。

|

« アセンブラはじめました | トップページ | 独習アセンブラ リスト1-1 »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮想端末ツール screen:

« アセンブラはじめました | トップページ | 独習アセンブラ リスト1-1 »