« grubブートフロッピーからの起動と復旧 | トップページ | Vine Linux 5 に avast4 をインストール »

2009-10-08

Doxygenでの名前空間について

C/C++のプログラミングではないが、
Doxygenでドキュメントを作成していて、
どうしても作成されないメンバ関数があった。

はて?

かなり悩んだ末に解決したので、
忘れないように書いておこう。

ヘッダーで宣言した通りに実装しろという事なんですが。
ヘッダーでは、void function (boost::shared_ptr a);
みたいに書いてても、実装でusing namespace boost;
として、void function (shared_ptr a) { }
なんて、実装してしまうと、実装側で書いたコメントは、
ドキュメント化されない。

実装側のファイルでも、名前空間を明示的に書いてやらなくてはならない。
というか、ヘッダーで宣言したのと同じ形でないと、Doxygenが実装部を見つける事ができない。
ということなのかな?!

それと、関数をオーバーロードしている場合には、EXTRACT_ALLをYESにしなくちゃいけないのかもしれない。
これに関しては、ハッキリわからないが、EXTRACT_ALLをYESにしてみたら、解決したので、あまり時間を掛けたくないので、解決としてしまった。

|

« grubブートフロッピーからの起動と復旧 | トップページ | Vine Linux 5 に avast4 をインストール »

C/C++」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Doxygenでの名前空間について:

« grubブートフロッピーからの起動と復旧 | トップページ | Vine Linux 5 に avast4 をインストール »