« Windows XPのインストール | トップページ | IS04で充電中のLEDが点かない »

2012-01-11

ネットブックのメモリが壊れた

ASUSのEeePC1000HAEのメモリを安物の2Gのメモリに交換していたんだが、Windows XPが突然ブルースクリーンで再起動するようになった。

BIOSのBoot BoostをDisable、Quick BootをDisable、Quiet BootをDisableにして起動してみると、RAM R/W TEST FAILEDとなった。

しかたないので、別のコンピュータについていたPC2-6400 DDR2-800の1Gのメモリがあったので、これを付けた。

元々ついてたのは、PC2-5300 DDR2-667の1Gだったので、多少はいいんだろう。体感はできなさそうだけど。

もう、これにお金を掛ける気も無いので、送料込みで1800円くらいでPC2-6400 DDR2-800の2Gのメモリを注文した。

取り敢えず、今はこの状態でBoot Boost、Quick Boot、Quiet BootをEnableにして使っている。

それにしても、最近やたらとコンピュータが壊れる。厄年だからかな?

|

« Windows XPのインストール | トップページ | IS04で充電中のLEDが点かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットブックのメモリが壊れた:

« Windows XPのインストール | トップページ | IS04で充電中のLEDが点かない »