« 関数ポインタ配列 | トップページ | C++Builder XE4にバージョンアップしてみました »

2013-05-16

vectorのクリア

std::vector<int> integer_vec;
for (int i = 0; i < 100; ++i)
{
integer_vec.push_back(i) ;
}

というような、要素100の配列をクリアするにはcapacityをクリアするために、空のvectorとswapする。

std::vector<int>().swap(integer_vec);

要素数がわかっている別のデータで要素で上書きしたい時には、push_backすると再配置が発生するので、先に要素数を渡してやる。

std::vector<int>(10).swap(integer_vec);
for (unsigned int i = 0; i < integer_vec.size(); ++i)
{
integer_vec[i] = i * 2;
}

|

« 関数ポインタ配列 | トップページ | C++Builder XE4にバージョンアップしてみました »

C/C++」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vectorのクリア:

« 関数ポインタ配列 | トップページ | C++Builder XE4にバージョンアップしてみました »