« TMetafileへの描画が反映されない | トップページ | 一定時間アイドル状態が続いたら何かをしたい »

2015-10-15

AGEphone Windows版のNTTひかり電話の内線の設定

SIPクライアントのAGEphoneのWindows版をWindows10のタブレットにインストールして、NTTのひかり電話の内線として設定した。

その時に、ちょっとハマったので覚え書き。

Windows版のアカウント設定ではユーザーIDと認証IDの両方を扱うことができない。

IDにはユーザーIDを登録する必要があるが、ひかり電話のルーター側の認証では認証IDが必要となる。で、ルーター側では、ユーザーIDが内線番号で仮に7なら、認証IDは0007がデフォルトになっている。AGEphoneでは認証IDでのリクエストができない。という、サーバー側とクライアント側で、認証方式が異なるために認証されない。

ルーターの設定の電話の内線の設定で、ダイレクト認証しない設定にして、ユーザーIDに内線番号をパスワードを空にしてアクセスすると接続された。

そこで、認証IDをユーザーIDに一致させるように更新してみた。つまり、AGEphoneがユーザーIDのつもりで送信したIDをサーバー側では認証IDとして受け取れるように設定してやる。

サーバー側の設定を保存、適用してからユーザーID、内線番号という所に、ユーザーIDを設定し、サーバー側で設定済のパスワードを入力してやれば接続できるようになる。

ただ、スマホ版のように複数のアカウントの設定ができないようで、その都度、認証情報を入力しなければならないようで、ちょっと面倒くさい。

|

« TMetafileへの描画が反映されない | トップページ | 一定時間アイドル状態が続いたら何かをしたい »

Windows」カテゴリの記事

Tools」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい情報です。文明人の鑑といえるでしょう。ありがとうございました。

投稿: 素晴らしい情報です | 2021-10-03 12:49

でっ、出来たー!!!
そういうことだったのかぁ。
PCで使い方がわからなかったのが解決できました。
ありがとなす!

投稿: | 2017-03-26 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AGEphone Windows版のNTTひかり電話の内線の設定:

« TMetafileへの描画が反映されない | トップページ | 一定時間アイドル状態が続いたら何かをしたい »