« SDカードとかUSBメモリのパーティションをクリーンアップ?してフォーマットする | トップページ | 以前のバージョンのWindowsをコンピュータから削除して保存領域を広げる »

2017-03-17

YAMAHAの古いルーターRT57iをHUB兼PPTPサーバーとして活用する

今まで、一時的にWindowsをPPTPサーバとして使っていたのだが、ふと「どこかにYAMAHAのRT57iがあった筈。電源アダプターも見つかったら、多分、あれにVPN機能があった筈」と急に思い出した。
で、ゴソゴソと探してみると電源アダプターも見付かったので、取り敢えず普通に動くのかLANケーブルと電源を挿してみると、どうやら正常に動いているっぽい。
それでは、こいつをVPNサーバーとして使ってやろう!と詳細を見ようとしたのだが、プロバイダの設定がないもんだからWEBインターフェースからは見られないし設定もできない。
で、色々と試行錯誤の末、シンプルな答えに辿り着いた。
まずは、RT57iをHUBとして動くように設定して、その後でPPTP機能を設定しよう。

試行錯誤中にRT57iのWANに挿したケーブルは抜く。
RT57iのLANに挿したケーブルをコンピュータのLANポートに挿す。
工場出荷状態にするために、精密ドライバを二本用意。
RT57i本体のINITスイッチを押しながらRESETスイッチを押しRESETスイッチを離してからINITスイッチを離す。
出荷状態で再起動する。
これで、本体のLANアドレスが192.168.100.1になる筈。

RT57iに接続したコンピュータのアドレスを192.168.100.*としてRT57iにアクセスできるようにする。

ウェブブラウザでhttp://192.168.100.1にアクセスしてみる。
RT57iの設定画面が表示されたら、コンピュータからRT57iにアクセスできている。
トップ/詳細設定と情報/LANの設定/LANポートのIPアドレス設定でRT57iのIPアドレスを変更する。(192.168.7.7)
「DHCPサーバー機能を使用する」のチェックを外す。
邪魔ならデフォルトで入っている192.168.100.2~...のエントリーも削除してしまう。

コンピュータのIPアドレスを元に戻す。
RT57iのLANポートに挿したケーブルはHUBやルーターのLANポートに挿す。

ウェブブラウザでhttp://192.168.7.7にアクセスしてみる。
アクセスできればLANが正常に変更されている。

telnetクライアントを起動。
telnetクライアントはデフォルトの文字コードをUTF8にしているので、送受信の文字コードをsjisに変更。
192.168.7.7にアクセス。

Password: <Enter>
administrator
Password: <Enter>

# RT57i Rev.8.00.95 (Thu Apr 21 12:07:46 2011)
# MAC Address : 00:a0:de:1d:a0:34, 00:a0:de:1d:a0:35
# Memory 16Mbytes, 2LAN, 1BRI
ip route default gateway 192.168.7.1
ip lan1 address 192.168.7.7/24
ip lan1 proxyarp on
provider ntpdate ntp.nict.jp
pp select anonymous
 pp bind tunnel1
 pp auth request mschap-v2
 # <Username>はPPTPのユーザー名、<Password>はPPTPのパスワード
 pp auth username <Username> <Password>
 ppp ipcp ipaddress on
 ppp ipcp msext on
 ppp ccp type mppe-any
 ppp ccp no-encryption reject
 # PPTP経由のユーザーに割り当てるIPアドレスの範囲
 # 連続しない複数の場合にはスペース区切りで指定可能
 # ひとつしか割り当てない時には一つだけ指定
 ip pp remote address pool 192.168.7.99
 ip pp mtu 1472
 pptp service type server
 pp enable anonymous
tunnel select 1
 tunnel encapsulation pptp
 tunnel enable 1
dns server 192.168.7.1
dns private name setup.netvolante.jp
schedule at 1 */* 04:01 * ntpdate ntp.nict.jp
schedule at 2 */* 02:01 * restart
pptp service on
alarm mp off

で、設定を確認して変なところがなければsaveしておく。

show config
save

念のため、再起動して設定が保存されているか確認してみた。

restart
...再起動...
show config

で、スマホのWi-FiをOFFにしてLTEからVPN接続してみる。 スマホのブラウザからRT57iの設定画面にアクセスしてみる。 http://192.168.7.7

設定画面が表示されたので、取り敢えずは、これでどうにかなるのではないかと。

その後、ひと月ほど使ってみたが、割と頻繁にフリーズする気がする。
一度フリーズすると、アダプターを外して再起動してもダメな事もある。
その場合には、RESETボタンを押す事で改善する事がある。

|

« SDカードとかUSBメモリのパーティションをクリーンアップ?してフォーマットする | トップページ | 以前のバージョンのWindowsをコンピュータから削除して保存領域を広げる »

ネットワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHAの古いルーターRT57iをHUB兼PPTPサーバーとして活用する:

« SDカードとかUSBメモリのパーティションをクリーンアップ?してフォーマットする | トップページ | 以前のバージョンのWindowsをコンピュータから削除して保存領域を広げる »